2014年12月22日月曜日

「ONE PIECE 771話 八宝水軍首領(ドン)・サイ」








はいこんばんは!!


いや。。。おはようございますですね(´∀`)


時間的にはヽ(*´∀`)ノ


現在朝の3時です!!!


もう早速なんですけど。。。


人気投票の結果もでてきたことですし、、、


結果の記事も書きたいので早速始めます!!!w


。。。。。。



。。。。。



。。。。



。。。



。。







行きますよ~ヽ(*´∀`)ノ


はい!!


今回のスタートはピーカVSゾロのところから


舞踏石(チャールストン)を避け続けるゾロ


そこへ加勢しようか?とエリザベロー登場!!


おれにはキングパンチがあるぜ!!!


しかしせっかくだがあいつはおれが仕留めるというゾロ


さらにキングパンチはまだ何が起こるか分からないから


取っておけと指示を出す。。。


そしてピーカが何かを狙っていると睨む。。。


場面変わって


ラオGVS首領チンジャオ


ラオGの地翁拳に圧倒されるチンジャオ


目の突枯

型氷(かたコリ)

不死武士の痛巳


何かホントにご老体ならではの技名ww


それもそのはずこの地翁拳。。。


老う程に痛みを知り切れ味を増す拳法!!!


してやったりのラオGは両手で片手ずつGの文字を作るが、、、


左手で作るGは正面から見ると反対。。。(´Д`;)


思わずチンジャオ「反対だぞ・・・」というが、、、


実はサイとベビー5の結婚について反対だった!!!ww


聞いてたのか!?と突っ込むサイ


何ですって!?と驚くベビー5


さらにどんだけ意外なんだ!!!と突っ込むサイww


実はサイには許嫁がいるらしい


二宝水軍の棟梁の娘ウホリシア


サイは嫁は誰でもいいらしい。。。


ましてやそれが二宝と八宝足して


十宝水軍の政略結婚だとしても。。。


そしてそんなやり取りの最中。。。


ラオG老衰し、、、魂が抜けていこうとする。。。


しかしベビー5の呼びかけで何とか戻ってくるラオG


この4人の会話が一切噛み合わない!!


ベビー5はサイに尽くしたい。。。


何でも言ってと際に問うと


サイも売り言葉に買い言葉で死んでくれと言う


幹部に邪魔されていたら恩返しもできない


そんなサイの願いに応えるべく自らの手を拳銃に変え


頭に突きつけ、喜んで死ぬというベビー5!!!


それに驚くサイ!!!


バカなことを言うなと止めに走るサイ!!!


敵の死を止めようとするとはイカれたかとチンジャオ!!!


孫と爺のケンカ


ベビー5の回想


貧困の村に生まれたベビー5は母親に捨てられた過去があった


役に立たないから必要ないと。。。


それが今のベビー5を作ったようですね~。。。


止めに行くサイに向かって錐龍錐釘を撃つチンジャオ


2人まとめてカチ割ってやる!!!


おれの問題だから立ち入るなとサイは、、、


錐龍錐釘に向かって武脚跟(ブジャオゲン)


武装色を纏ったカカトで回し蹴り!!!


チンジャオの錐をへし折った!!!!


そしてベビー5にビンタ!!!


チンジャオ自分の頭を触り涙ぐむ。。。


怒り心頭かと思いきや。。。


この錐頭・・・よくぞへし折ったな!!


よくぞ!!?


何故か歓迎している???


どうやら八衝拳の奥義が伝承されたのだという。。。


チンジャオはサイの武脚に錐龍錐釘の名を授ける!!!


もはやその脚は氷の大陸をも打ち砕くと。。。


これで完全に隠居生活ができると嬉しがるチンジャオをよそに


ラオGの鉄拳!!!「G」の刻印


腹部への強打!!!胸には技名の通りGの刻印がある。。。


見るとラオG姿が変化!!!


戦闘保拳(せんとうほけん)


地翁拳の究極の秘技!!!


もしもの時に備えて若いころから


筋力を積み立て保管する気功術だという。。。


そしてベビー5は渡さんとサイに向かうラオG


必要とされるだけで命も捨てる便利な女が他にいるか!?と


それを聞き涙するベビー5。。。


サイはそれを聞き買ったら嫁にもらうという!!!


それを聞いたベビー5は目がキラキラ(´∀`*)


向かってくるラオGの顔面目掛けて、、、


先ほど襲名した錐龍錐釘をぶちかます!!!


ラオGは勝利し、、、


八宝水軍の正式な首領となったサイ!!!


って感じの話です!!


今回サイの男気を感じる回ですね(´∀`*)


きっとサイは覇王色の覇気を持ってるでしょうね!!!


こんだけ器がデカければ!!!


チンジャオも使えることですしね♪


では( ̄^ ̄)ゞ


管理人のマーシュでした!!





0 件のコメント:

コメントを投稿